プチ整形の知識を身につけることでトラブルを回避することができます

ウーマン
  1. ホーム
  2. シミをなくす治療

シミをなくす治療

看護師

顔にシミができてしまうと憂鬱な気分になってしまいます。顔のシミはとても目立ちますし、シミがあるだけで老けて見えたり、印象が大きく変わってしまいます。女性であればコンシーラーで隠したり化粧でカバーすることもできますが、男性の場合はなかなか化粧をすることはないといえます。また、シミが大きく濃くなってしまえば、厚化粧になったり、化粧で隠しきれなくなることもあります。美白化粧品を使ってもすぐに効果が見えるわけではありません。シミの種類によっては効果が見られない場合もあります。シミとともに悩みもどんどん深くなっていくことでしょう。
福岡にはこのようなシミの悩みを持っている人が意外と多くいるといいます。博多美人という言葉があるほど、福岡は美しい人が多い街で知られていますが、それだけに美に対しての意識も高いということがいえるでしょう。そこで、若いうちから美白や美肌対策を施している人も多いのですが、加齢とともにやはりシミは出てきてしまうものです。しかし、最近では美容外科や皮膚科でシミ消しに効果的なプチ整形が登場しています。プチ整形は、メスで切開することもなく、数分から数十分の短時間の施術時間で効果を得ることが可能で人気となっています。シミ対策のプチ整形としては、レーザー治療が一般的になります。負担が少ない施術ですが、それでもダウンタイムは必要となるでしょう。肌を休ませてあげることで、炎症を鎮めたり、プチ整形の効果を安定させることもできます。しかし、シャワーやお風呂にも入れますし、メイクも可能です。日常生活にさほど影響がないことがほとんどです。ただし、術後しばらくはサウナや岩盤浴を避けたり、激しいスポーツは控えるといった行動が求められます。また、紫外線からも肌をガードすることが必要です。そのため福岡でも紫外線が強い春から夏は特に日差しを浴びないように気をつけましょう。できれば秋から冬にかけて日光の刺激が弱い季節にプチ整形を行なうことが望ましいといえるかもしれません。また、レーザー治療も数回は通う必要が多いといえます。通う回数も考慮しながら、いつまでにシミを薄くしたいのかを逆算しながら最適な時期を選んで、施術を行なうことがベストだといえます。福岡の皮膚科では、レーザーの他にも内服液や外用薬を処方してくれるはずです。身体の外と内から同時に治療していくことで、さらに高い効果を期待することができるでしょう。